外見が気になって婚活しても結婚できない! » 顔の肌荒れがコンプレックス

コンプレックス

顔の肌荒れがコンプレックス

私は、中学生の頃から肌荒れ(ニキビや乾燥肌)に悩まされていました。

肌が荒れていると、化粧のノリも悪いしとくに学生のときは化粧ができないので顔を上にあげて歩くのもすごく抵抗がありました。

一番ひどかったのはおでこのニキビで前髪をずっとわけたり、あげたりできなかったのはすごく辛かったです。

(部活上あげなきゃいけないときもあったので)


友達も写真を撮るときになるべくアップでうつりたくなかったので写真もすごく中学生のころは嫌いでした。

化粧してない自分にすごくコンプレックスを感じて高校ではこっそり、ファンデーションを塗っていったりしてました。

悩みを両親に打ち明けてから、食べ物に気をつけるといいよと聞いたので好きだったチョコレートやお菓子などを控えて洗顔もマメにしたり、汚い手で顔を触らないようにしてました。

するとおでこ以外は少しずつ綺麗に治っていったのですがやはりおでこは前髪でいつも隠れてるせいか治りにくかったです。


原因は食べ物だけではなく、生理不順や睡眠不足やストレスからも肌荒れをおこすので、当時はそのことがストレスになっていたんだと私は思います。

テレビで紹介していた、添加物の少ない赤ちゃん石鹸をつかうようになってからはよっぽど体調や生活リズムがくるわない限り肌荒れはおこしにくくなりました。

ニキビのつぶした痕が消えないので、すっぴんはやはり私のコンプレックスのままです。